出ていって帰ってきました


昨日は引きこもりモードに入ったかと思われた寅さんでしたが,やっぱり外に出かけていきました.

もう慣れたはずなのですが,寅さんが外に行くと,事故にあったりしないでちゃんと帰ってくるかどうか気になることは気になります.

でも,いつものように今日もちゃんと帰ってきました.


ちゃんとかえってきて..._




「虎は千里を行って千里を帰る」といいますからね.


名前を「寅さん」にしたのは正解だったかもしれません.
この名前にしたのには他にも理由があるのですが,それはまたいずれ書きます.


でも,この諺では「虎」を使うのが一般的なようです.「寅」と「虎」はどう違うのか,ちょっと調べてみました.

「寅」はもともと十二支で方位や時刻を示す言葉で,覚えやすくするために動物の「虎」が割り当てられたそうです.

『「寅」は「螾」(いん:「動く」の意味)で、春が来て草木が生ずる状態を表しているとされる。後に、覚え易くするために動物の虎が割り当てられた』
Wikipedia 寅

十干十二支が中国から日本に伝わった頃には,未だ日本には虎は存在しなかったのですから,想像上の動物として方位や時刻を示す役目をもっていたことになります(丑(うし)と一緒に,丑寅の方角とか時刻とか言いますね).


ついでなので,よく知られている十二支にネコが入っていない理由については...

『猫も十二支に入れてもらおうと準備をしていたが、鼠が集合の日をわざと間違えて教えたので十二支に入ることができなかった。それで今でも猫は鼠を追いかけ回すのだという』
Wikipedia 子


なるほど,いつ聞いても,それなりにまとまった説明ですね... 真に受けたくなってきます.

でも,人間の生活と身近なネコが,なぜ方角や時刻といった人間の生活に深く関わる事柄の象徴から外されたのか,管理人には少し腑に落ちない気持ちがします.

いつかまた,「ネコがなぜ十二支から排除されたか」について調べてみたいと思います.

ごはんたべて,ねますから_
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。
十二支の動物の話、「まんが日本昔ばなし」で見たことがあるような・・・でも、
もう30年くらい前なのでどんな話だったかは忘れてましたけど。
確かに「ネズミが猫を騙した」っていうのは、後日談も含めてよく出来た話です
よね。
十二支の順番でいくと、物語の競争って1等賞はネズミだったんですかね?

No title

こんばんは

寅ちゃん、やっぱりお外に行って来たのですね。
お天気がよかったから、出かけたくなったのかな?

今日は仕事の帰りに、2匹、外猫さんを見かけました。
1匹は、歩きながらチラッと視界のすみに入った時、
もしや!?
・・・と心配になって、引き返して確認してしまいました。
よかったぁ、ただお昼寝してるだけだぁ
と、本当にホッとしました。
動かない子って、一瞬ドキっとしてしまうんで・・・。

十二支にねこが入ってない理由は、子どもの頃に聞きましたが
普通に納得してしまいました。
でも、猫年がないのが、すっごく残念で、ねずみが憎い!
と思っていましたよ。

Re: No title

はる所長さん,こんばんは.


> 十二支の順番でいくと、物語の競争って1等賞はネズミだったんですかね?

私が引用したWikiの前にはこんな話もありました.

「神が十二支の動物を決める際、家の門の前に来た順番に決めることにした。牛は動きが遅いからと真っ先に出かけ、一番に門の前についた。しかし、門が開けられる時、牛の頭の上に乗っていた鼠が牛の前に飛び出たので、鼠が一番になったという」

なんとも上手な説明です.誰が考えたのか,今はそっちの方に関心があります.

でも,「辰」などには「龍」という完全に想像上の動物が割当てられていますが,存在しない動物を知らない人間にはまず.それがどのようなものか説明しなければなりません.

そうすると,Wikiのように「覚えやすいように」という説明に不自然さが残ります.
想像上の動物が,現実にいる身近な動物にリアリティで勝るとは思えないからです.


ん~,どうでもいい疑問にはまってしまったようです...

Re: No title

バボさん,こんばんは.


>動かない子って、一瞬ドキっとしてしまうんで・・・。

ほんとそうですね.ちゃんとネコだと分からなくても,自転車で幹線道路沿いを走っているとき道路にロープやゴミが落ちていただけで「もしや?」と思ってしまいます.


>でも、猫年がないのが、すっごく残念で、ねずみが憎い!

考えてみれば,ネズミがネコをだませるほど賢い訳はないんですけどね(笑).

「ゲゲゲの鬼太郎」のネズミ男は,そんな悪賢いネズミのイメージを強調したのかと,今思いついたりしました.

No title

寅さん。。。。
奥深い名前ですね~☆
すごくいい名前で寅さん自身も、きっとうれしいと思います。。。。
十二支に猫が入ってない理由は確かにネズミのせいだと言われてますね。

ちなみに、私は丑年なので、ネズミさんがいなければ一番だったのになぁ~(笑)
きっと、牛さんも嫌な思いをしたでしょうね。

Re: No title

ちびさん,こんばんは.

人間が収穫した穀物を,こっそり食べるネズミを捕まえるので,ネコは人間に可愛がられるようになったそうです.
そう考えると,ネズミという脇役はネコという主役にとっていい引き立て役なんでしょうね.

それと,いつか書こうと思っていたのですが,私が子供の頃から飼っていて一番つきあいの長かったネコが「トラ」だったんです.

今の寅さんは,そのトラの生まれ変わりだと勝手に思っています.


>きっと、牛さんも嫌な思いをしたでしょうね。

牛さんはがまん強いので,そんなことないと思いますよ(笑).

No title

こんばんは。
寅さんの背中にキーホルダーが(>v<!
これも寅さんのお気に入り、なのでしょうか(*^_^*)?

十二支のお話はわたしも子どものころに何度か聞いたような・・・
確か、チベットやタイの十二支には今も「猫」が入っているんですよね。
・・・でも記憶が曖昧なので、いつかはっきりとしたお話を聞きたいです。
昔話、となると、時代によって内容が微妙に違うって可能性もありますね~

Re: No title

スウさん,こんばんは.

> 寅さんの背中にキーホルダーが(>v<!
> これも寅さんのお気に入り、なのでしょうか(*^_^*)?

それが寅さん,割とクールにあしらってくれるもので,私が寅さんの顔の前で手で振ってやると,私の指にじゃれついてきます.
彼のじゃれ心が目覚めるよう,いつも近くに放置してあります(笑).


> 確か、チベットやタイの十二支には今も「猫」が入っているんですよね。

そうらしいですね.あと,ベラルーシでも比較的少数派ですが十二支にネコを加える人たちがいるそうです.

コメントをいただいた後,改めてネットで調べてみましたが,ネコと十二支については「吹風日記」という個人の方のブログで詳しいお話がありました.

十二支への動物の割当は中国でなされ,その当時まだ中国にはネコがいなかったのではないか,という推論をされています.
ttp://d.hatena.ne.jp/MrJohnny/20060703
プロフィール

寅さんのおにいちゃん

Author:寅さんのおにいちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR