拍子木の音が


ゴハンを食べて,まったりしている寅さんです.


正面撮りしてください_



ときどき

やっぱり横顔がいいかな_

部屋のどこかをじっと見つめたりします.

なんでですかね.




カメラを近づけると

アップはだめ_

やっぱり落ち着きません.










窓を開けっ放しにしていたら,火の用心の拍子木の音が聞こえてきました.

今まで気にもとめなかったのですが,こうして聴いてみると懐かしい響きです.


管理人も子供の頃,同じ町内の子供や大人と一緒になって火の用心の夜回りに出たりしました.

町内での当番に当たった家の家族にとって参加することは当然のことで,子供にとってはたとえ半時ほどのことであれ,夜遊びを公認されたようなものでした.拍子木を,大人や子供同士の間で取り合うようにして打ったことを覚えています.



火の用心の夜回りが何時の時代から始まったのかは知りませんが,おそらくその元々の趣旨は,人々が寝静まる前に火の元を確かめるよう促すことだったのでしょう.

現在は深夜まで誰かが起きている家々も多いでしょう.夜回りの時間もそれにつれて遅くならなければならないのでしょうが,当番の人たちの負担を考えるとそうもいきません.


ともあれ,本来の目的からは少し早い時間に鳴り響くこの拍子木の音は,私にいろいろと昔の事を思い出させてくれました.




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。
拍子木で夜回りなんて、いい風習が残っていますね。
ウチのほうでは「防犯パトロール」という名目で、町内会の方が散歩ついでに
月に1度くらいですが巡回しています。
ただ、参加者は高齢者ばかりで、子供はいないですね。
(そもそも子供が少なくなりましたけど・・・)

今では「マッチ1本、火事の元」のマッチさえ、あまり見かけなくなりました。
あの燃える時のリンの匂い、結構好きなんですけどね。

Re: No title

はる所長さん,おはようございます.


私が住んでいる辺りは同じ性の家が多く,昔から代々この土地に住んでいる人たちが多いようです.
最近では団地の高齢者同士の付き合いを復活させようとする動きもみられますが,時代を超えて引き継がれる町内の自治活動は,そうした古い絆に支えられなければなかなか成り立たないようです.

今では,お線香も花火もライターで火を付けるのが普通になりましたね.
子供の頃,マッチを使いたくてお灯明に火を灯すのが好きでした.
火の付いたマッチにもう1本のマッチの頭をくっつけて燃え切らないうちに合体させたり...
子供は,火遊びが好きですからね(笑).
プロフィール

寅さんのおにいちゃん

Author:寅さんのおにいちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR