小春日和でしたね


11月とは思えない陽気の暖かな休日,症状が軽くなった寅さんは玄関の前に座り込み,外に行きたいと言います.

病み上がりの寅さんを外に出すのは気が引けましたが,私が同伴して少しひなたぼっこをすることにしました.


2015 11 7 1_

寅さんも未だ体力が十分に回復していないのか,すたすたとどこかに遊びに行くのではなく,こうして陽溜まりでまったりするだけです.

もう2ヶ月は家の中でじっとしていましたから,本来外ネコの寅さんは外の空気に触れ,景色をじかに見たかったのでしょう.
そういえば,寅さんはいつも窓際で外の景色を見ながら座っていました.

これから良くなって体力を取り戻せば,また前のようにナワバリチェックや町内会に出席できるんだからと,寅さんをなだめながら家に帰りました.







でも,これが寅さんの最後のお散歩になってしまいました.



翌日の夜,私を迎えた寅さんは私の呼びかけやナデナデにも反応しません.
夜間の急患対応をしてくれる獣医さんに連れて行くと,既に心臓は止まっていました.肺水腫を起こしていたのです.

やっと酷い症状が収まり,これから良くなってまたタヌキのように太ってくれると思っていた矢先でした.
何が起きているのか,私も混乱して分かりませんでしたが,現実は受け入れざるを得ませんでした.



寅さんと暮らした11年間は,本当に楽しかったです.
私が辛いときや苦しい時,寅さんの寝顔や遠慮がちに「上がっていいですか~」とヒザに上がる仕草に,どれだけ救われたか分かりません.

ゴハンを食べて悠々とベッドに向かう後ろ姿,寝ている寅さんを起こした時の迷惑そうなアクビ,夜,外のいつもの待ち合わせ場所に迎えに行くと目を光らせて駆け寄ってくる姿,カニカマが欲しい時,冷蔵庫の前で私に無言のプレッシャーをかけながらのお座り...

寅さんの全部に,私は感謝しています. 
寅さん,ありがとう.

でも,週末はまたヤリイカでも食べながら一杯やるのに付き合ってね.


いや,寅さんはアウトドア派なので,家でじっとなんかしていないか....





2015 11 7 2_

「ここにいますけど?」






寅さんを可愛がってくれたみなさん,ご心配くださったみなさん,本当にありがとうございました.

口下手な寅さんに代わり,私がお礼申し上げます.








そんな事で,しばらくこのブログはお休みします.

ただ,寅さんは割と外に出たがり屋なので,閉鎖することにはならないと思いますが,少しの間だけ時間をください.






復興を果たし,今までになく栄えている東北を想い描いています.
その日がすぐに来ますよう.
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。

トラの父さん、お気持ち察します。

初めて一緒に暮らした猫が逝ってしまって今月でちょうど1年です。
さっき、つれあいと愛猫の思い出話をしてたところでした。

そんな中、目に飛び込んできた寅さんの急逝・・・
本当に驚きました。
しかし、行方不明のままで無く、トラの父さんのもとで旅立つことが
出来て本当に幸せだったと思います。

寅さんもトラの父さんの支えになれたことが本望だったのでは
ないでしょうか?

心よりお悔やみ申し上げます。

No title

そうですか…。
寅さんも楽しかったし、幸せだったことでしょう。
最後のひなたぼっこ嬉しかったと思いますよ。
今は、そんなことしか言えませんが…。
トラの父さんも、少し休んでくださいね。

No title

寅さんのご冥福をお祈り申し上げます。

長い外遊びの後、奇跡のように戻ってきた寅さん。
なんだか、あれ?と思ったら近所にいた~なんてことにならないかと
思ってしまいます。

寅さんはずーっとトラの父さんのお膝にいますよ。
晩酌には、お付き合いするトラさんの大好きな猫缶も忘れずに。

Re: こんばんは。

Tamariderさん,こんにちは.


寅さんはその翌日,私が背中に背負い,寅さんの遊んだナワバリ周辺を自転車で回って,ゆっくりと野川沿いに深大寺に連れて行きました.そういえば,Tamariderさんの愛猫さんも深大寺に眠っていましたね.

11年は,長いようで短い年月でした.
寅さんが私の家に住み着くようになった年の大雪の冬,寅さんが雪の中を駆け足で私に駆け寄ってきた事を思い出しました.
最後はちゃんと寅さんを守ってあげられなかったのが心残りですが,それまでの寅さんとの暮らしはこれからも忘れることはできないでしょう.寅さんがいなければ,私の生活はもっと味気ないものだったに違いありません.


お悔やみいただき,ありがとうございました.

Re: No title

ajikoさん,こんにちは.


寅さんが重症の鼻炎を発症してからは,2人の戦いの日々でした.
もう少しで戦いに勝てるかと思った矢先,不意を取られたのは正直残念です.
動物の看病がどのようなものか,今回の自分の経験でパズー君の病気を治そうとしたajikoさんのご苦労が少し分かりました.

最後に外に出してあげられたのは,寅さんにとっても良かったと思います.
ひなたぼっこをして,庭の土を手で掘り返したり匂いをかぎまくったり...
本来の外ネコに戻ったような気になったのでしょう.


お悔やみいただき,ありがとうございました.

Re: No title

fm_nekonekoさん,こんにちは.


そうですね...ネコ缶は捨てずにとっておいた方がいいですね.
未だ寅さんが家にいそうな気がするので,ゴハンと水だけはそのままにしています.
昨晩は寅さん用に皿を用意して,少し多めに刺身の盛り合わせを作って2人で一杯やりました.

夜,寅さんがいないと一瞬,また外に迎えに行かなくては,と思ってしまいます.
今年の春先の家出から今回の病気まで,今年の寅さんは私の許から離れ,近寄り,そして離れて行ってしまいました.
それでも私は,寅さんにいつかまた会えるよう,寅さんを待っていたいと思っています.
もしかしたら...fm_nekonekoさんが仰るとおり,もうヒザ上にいるかもしれませんね.


お悔やみいただき,ありがとうございました.

No title

驚きました。
今後は元気に戻って、また冬恒例の可愛い寝顔を見られるものと・・・

長引く闘病生活の中で、久々にお外の空気を吸って
とても嬉しく、その延長で夢見心地で行かれたのだと・・・思います
病み上がりだからと、引き止めなくて良かったですね

寅ちゃん自身も、余りにも突然の事で
きっと今頃、いつもの習慣で
お父さんの傍に戻っているのではないでしょうか。
姿は見えずとも、いつも一緒にいるのだと思います。

いつも寅ちゃんの行動を尊重し、それに合わせていたお父さん。
どれほどの喪失感だろうと思うと私も心が痛みます。
お父さんの深い悲しみが、どうか少しでも早く和らぎますように・・・

寅ちゃんのご冥福を心よりお祈りします

ただただ驚きと悲しみで涙が止まりません…
寅さん、またひとりでお散歩に…永い永いお散歩に出かけて行ったんですね…

お父さんに看病のお疲れがでませんように…

寅さん、これからも大好きです…

No title

お邪魔します。

あまりに急なお別れに、私もびっくりしてしまいました。

寅さんは、きっと最期は父さんのそばで……と思ったんでしょうね。
自由でありながら、律儀な寅さんでしたね。
立派だと思います。

父さま
ご心労もおありかと思いますが、ゆっくりと寅さんと心の中でよもやま話をしてくださいね。

Re: No title

くろまるさん,こんにちは.


つい一週間前まで,こんな記事をUPすることになるなど,私にも思いもよりませんでした.
薬が効くには効いたのですが,もう寅さんは2ヶ月以上薬漬けでした.
それがどれだけ寅さんの体の負担になっていたかと思うと,気付かなかった事が可愛そうでなりません.
これだけ治療が遠回りをして長引いた発端は,やはり耐性菌ができるような抗生剤の投与の仕方にあったように思えます.
今となっては繰り言であり,寅さんが帰ってくる訳ではないのですが,動物と暮らすみなさんや獣医さんにはくれぐれもお気を付けいただきたいと思います.

今のところ寅さんが私の夢に出てきたり,傍にいるような気配を感じることはありません.
ただ,外にいる時よりも家にいる間の方が私は落ち着きます.
そこかしこに寅さんの匂いが染みついているからか,あるいはくろまるさんが仰る通り,寅さんが家にいてくれるからかもしれません.

外の散歩は寅さんがどこかに行ってしまわないかと気がかりでしたが,やはり出してあげて良かったです.
土や草の香りが寅さんを癒してくれたのでしょう.
香箱座りをしてひなたぼっこをする寅さんが,「ここがぼくのフィールドですよ」とでも言っているようでした.


お悔やみくださり,ありがとうございました.

Re: タイトルなし

リベラさん,こんにちは.


リベラさんやみなさんを悲しませる記事を書くことになってしまい,私も残念です.
家出から帰って喜ばせてくれて,半年余りで今度はずいぶん遠くへと行ってしまったものです.
ただ,私自身は,人間も動物も魂の繋がりそのものは肉体とは関係なく続くものだと思っています.

もう寅さんがヒザに上がっても,私のヒザはしびれないでしょう.
時々おじゃま虫でしたが,これからも時々ヒザに上がってね,と寅さんには語りかけています.
ひょっとして,今もヒザ上にいるかもしれませんね...

リベラさんやみなさんに可愛がっていただいて,寅さんは本当に幸せです.
またしばらくしたら,以前の寅さんの画像でもUPさせていただきます.


お悔やみくださり,ありがとうございました.

Re: No title

お夕さん,こんにちは.


先日お夕さんから寅さんにお見舞いのコメントをいただいたばかりなのに,こんな事になってしまい残念です.
前の日までは玄関に陣取り,脱出の機会を窺っていた寅さんでした.
そして最後の日は,私のイスの下に横たわっていました.もしかしたら,私の帰りを待っていてくれたのかもしれません.

寅さんは「遠慮」というこを弁えた,珍しいネコです.
自分がこうしたら私がどうするか,少し先を読んでいたような振る舞いをよく見せました.
おかしな喩えかもしれませんが,ネコでありながら少し古いタイプの日本人みたいなところが面白いのです.

寅さんの病気との戦いは,私の戦いでもありました.
結局勝つことはできませんでしたが,それでも寅さんはよく戦ってくれました.
今となっては,寅さんは私の戦友のようにも思えます.
またしばらくしましたら,その戦友の想い出話しでも語らせてください.


お悔やみくださり,ありがとうございました.

No title

寅さんは永遠の旅に出かけてしまったのですね。
今思うと、2ヶ月ほど家出して奇跡的に戻ってきてくれたのは、寅さんの
最後の感謝の気持ちの表れだったのかも・・・。

私が猫ブログを始めた頃と、ほぼ同時期に始められたブログで、一番長い
お付き合いをして頂いたので、非常に残念でなりません。

寅さんのご冥福をお祈りいたします。

Re: No title

はる所長さん,こんばんは.


そうでしたね...あれから5年が経ったのですか.
何度かお話したかと思いますが,はる所長さんの秘書さんが先代「トラ」のお母さんと似ていたので,いつも他ネコとは思えずにいました.

家出した寅さんと道でばったり遇ったのは本当に偶然で,さらにその際カメラを持っていたのも偶然でした.
その偶然が無ければ,私は寅さんの生存に確信が持つことができず,捜索を完全に打ちきっていたかもしれません.
そして結局,寅さんは帰ってきました.
そして今度は,また行ってしまいました.

ただ,私は寅さんという「たましい」は未だどこかに存在しているのだと思います.
今でも寅さんは「トラ」の生まれ変わりだったのだろうと,何の根拠もないのですが,その事を疑っていません.
いつになるかは分かりませんが,また寅さんとの巡り会いを待つつもりです.

寅さん自身,これで「おしまい」になるのはイヤでしょうから,ブログはまたしばらくしたら更新するつもりです.
その折りは,またどうぞよろしくお願いいたします.


お悔やみをくださり,ありがとうございました.

No title

トラさん 頑張ったのですね
ちょっと家出してしまって
心配でたまらない時期もありましたが
トラの父さんのそばで
お空にお引越しできて すごく幸せな子だったと思います
最近 私のお友達のモフッコたちもどんどん
お空に引っ越してしまいました
そのたびにこの子たちの時間がもっとゆっくり流れてくれれば。。と
思ってしまうのですが きっとモフッコちゃんたちは
時間の長さよりも大好きな人と一緒にいれる
その事実が一番幸せなんだろうなって思うようにしています
トラさんはお空の世界でもずっと幸せにすごせますよ♪
うちのまいちゃん チュンちゃんもいて
ちょっとにぎやかかもしれませんが
仲良くしてあげてくださいね。
トラさん ありがとう。

Re: No title

にゃうわんさん,こんばんは.


今年の寅さんは家出から始まり,病気になり,それが良くなり,そして旅立ちでした.
なんと忙しい事だったでしょう.
いずれは訪れることだとは思っていましたが,正直を言えばやはりもう少しいて欲しかったですね.

ただ,不思議な事ですが,家出をしていた頃私は寅さんのいない家に帰るのが辛く,寄り道をしてわざと遅く帰ったりしたものです.寅さんのいない家にいること自体が砂を噛むようで,できるだけ家を空けたりもしました.
でも今は,家にいる方が安らぐのです.

この2ヶ月余り,寅さんは外に出ず,私がいる間はずっと私と一緒でした.寅さんと私の想い出だけではなく,何かが家の中に満ちている気がします.寅さんに流動食を食べさせたり薬を飲ませたりする間,寅さんは私のヒザの上に,腕の中にしっかりといました.寝ている時も,私が振り向けば目が届く場所にいました.考えてみると,寅さんの病気のせいで寅さんと私は濃密な時間を過ごしていたのかもしれません.

まいちゃんも,ちゅんちゃんも,にゃうわんさんやカプ夫さんと一緒にいられた想い出を宝物のようにしていることでしょう.
うちの寅さんも混ぜて,遊んであげてください.

あれ...もう混ざってみんなでヒソヒソ話しをしているのかな?


お悔やみくださり,ありがとうございました.

No title

寅さん、旅だってしまいましたか。
せっかく家出から戻ったというのに。
さいきん訃報がたて続いて悲しいばかりです。
トラの父さん、無理せずお大事になさってください。

Re: No title

ナナアニさん,こんばんは.


寅さんも宇宙勤務になってしまいました.
その前日までには,思いもよらないことでした.
あのひなたぼっこは,寅さんのリハビリも兼ねてのことでしたから.

さっき,寅さんと一緒に登った階段を下りながら,寅さんが家出した時の事を思い出しました.
あの時も寅さんのいない階段を見ると限りなく空しい気持ちになったのですが,今はそれほど辛くありません.
寅さんがいない事を,受け入れられたからだと思います.考えてみると,寅さんは家出で私に別れの練習をさせたのかもしれません.おかしな喩えですが,少し免疫ができたようなものでしょうか.

家出から帰った時,ナナアニさんに喜んでいただき,私も本当に嬉しかったです.
今度はまた悲しい記事を書くことになってしまい,申し訳ありません.
ナナちゃん,オジーくん,ボスくん,寅さんに宇宙での生き方よく教えてあげてくださいね.


お悔やみくださり,ありがとうございました.

Re: No title

カギコメさん,こんにちは.


今でも寅さんと歩いた道を行くと,寅さんの姿が目に浮かびます.
ちょこちょこと小走りだったり,よそ見や寄り道をしてなかなか一緒に来てくれなかったり...
家に入る時は寅さんがついてきてくれている気がして,「かえろ!」と声をかけてしまいます.
もしかしたら私に見えないだけで,寅さんは普段のように私を迎えてくれているかもしれませんから.

ヒザにずっしりとくる重みはもうありませんが,寅さんは未だ私の近くにいそうです.
今朝も寝覚め前にネコが胸の上に乗っていました.どこのネコだろうと思って目が覚めました.
ずいぶん若い子猫のようでしたが,寅さんが子供返りでもしたのかもしれません.

短いお付き合いでしたが,本当に寅さんの事を可愛がってくださって,ありがとうございました.
私は,また寅さんとはいつかどこかで会えるのではないかと思っています.
同じ生命のある者同士の「たましい」の繋がりは,目に見える見えないに関係なく存在すると信じています.


お悔やみくださり,ありがとうございました.

遅くなりました

この度は御愁傷様でした。寅さんのご冥福をお祈り申し上げます。
寅さん、良くなったかな?と見に来たら、思いがけない悲報に驚いてます。私も五年前、よねくらさんを亡くし、皆さんから温かい言葉を頂きましたが、私にはかける言葉がありません。元気だった寅さんの姿を拝見して、ただただ涙を流すだけでした。

Re: 遅くなりました

黒ウサギさん,こんばんは.


いずれは訪れる事だとは思いながら,やはり急でした.
「よねくらさん」も,黒ウサギさんや奥さんとクリスマスを迎える直前の事でしたね.
うちの寅さんの兄貴分のようで,他ネコとは思えずにいました.

今年の寅さんは何かと不運な事が続きました.
2ヶ月の家出は最長記録でしたし,その間に冬の寒空の下で暮らしたため,体にもダメージがあったのでしょう.
そして,ケガや病気が続きました.診てもらった複数の獣医さんの処置や診断にも首を傾げることがあったりで,寅さんにはかわいそうな事をしてしまいました.

寅さんの姿を目で見ることはできませんが,私には寅さんという「たましい」は存在しているように思えます.
去年の冬のようにネコアンカになってくれる事はないでしょうが,家の中で私がかける声には聞き耳をたてているかもしれません.そんな訳で,週末はこれまでそうしていたように寅さんの好物を買ってきてあげるつもりです(私の酒の肴ですけど).

黒ウサギさんにはこのブログを立ち上げた時に,大変お世話になりました.
落ち着きましたら,また寅さんの思い出話でもUPさせていただきます.


お悔やみくださり,ありがとうございました.

再びお邪魔します。

トラの父さん、こんばんは、またお邪魔しました。
Tamariderです。

今のブログにも少し書いたのですが、先日愛猫の一周忌で
深大寺動物霊園へ墓参りに行きました。

萬霊塔の前で寅さんの分のお線香を立てて手を合わせて頂きましたよ。
御報告までにコメント致します。

Re: 再びお邪魔します。

Tamariderさん,こんばんは.

最後に寅さんを診てくれた獣医さんの勧めもあり,またTamariderさんの愛猫さんのお話を伺っていましたので,迷うことなく深大寺に決めました.以前から時々お参りをしていたお寺でしたし,何のゆかりもないお寺より安心できますね.
寅さんに手を合わせ,お線香までくださったとのこと,どうもありがとうございました.
Tamariderさんの愛猫さんとも,仲良く遊んでもらっていることでしょう.

寅さんが旅立って,今日でちょうど二週間が立ちました.
たったこれだけの時間なのに,随分長く感じます.
寂しさや悲しさが全くない訳ではないのですが,寅さんは最近,私に楽しかった事の記憶だけを思い出させてくれています.

以前の記事もまとめて拝見させていただきました.
梅の木峠を行かれたのですね.
あそこの「つるつる温泉」は気になっていました.

No title

えぇーーーうそ…
やだトラさん、そんな突然
最近こちらに来てなかったの
ただただショックで、言葉がうかばずすみません。
また改めてコメントします。

Re: No title

にゃんこの母ちゃんさん,こんばんは.


私もこんな記事をUPすることになるとは,思いませんでした.
でも,寅さんはどうも私の傍にいつもいるようです.
例え気のせいでも,そう感じられるのが幸いです.

そんな訳で,ブログを閉鎖するつもりはありません.
もしもそうしたら,寅さんに怒られそうなので...


結構寅さんはこう見えても外に出たがり屋なんですよ.
プロフィール

寅さんのおにいちゃん

Author:寅さんのおにいちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR